無料ブログはココログ

« 波乗りパイレーツ/ピンク・レディー | トップページ | 告白/北岡夢子 »

2016年8月17日 (水)

スコール/篠原涼子 from 東京パフォーマンスドール

800曲目と言うことで、8月13日にお誕生日を迎えたおめでたい涼子ちゃんの楽曲の登場!!

 

◆レビューNo.800◆
Photo

「スコール」篠原涼子 from 東京パフォーマンスドール
作詞:石嶋由美子・小林徹
作曲:ゴンザレス三上
編曲:ゴンザレス三上
(1992年7月22日発売)

篠原涼子ちゃんの2枚目のシングル曲です!

8月13日は、涼子ちゃんのバースデーと言うことで、この曲を聴いてました~♪

やっぱり良いですよね~、名曲です!!

いきなりなんですけどこの曲、お風呂で聴いたらリゾート感が出ますね(笑
バスルームに響く伸びやかな涼子ちゃんの歌声は、とても贅沢な空間を創り出してくれました☆

本当にリゾート地で聴いてみたくなりますね、こうなると(*vωv)
きっと青い空、青い海に似合うことでしょう。
晴れた空からの突然のスコールがあれば完璧ですね!

楽曲も素晴らしいのですが、CDジャケットも素敵ですよね。
まるで絵画のような(*ゝωб*)

CDジャケットも含めてトータルで素晴らしい作品でした☆

この曲『スコール』では、ソロで音楽番組にも出演したんですよね!
「夢の音楽舎」です!
それがインパクトあったのか、今でも覚えてます!

音楽番組でソロ曲を歌えるなんて、すごいことだな~と。
それも【ダウンタウンのごっつええ感じ】に出ていて、ソロでの知名度も上がっていたからでしょうか。

セットも楽曲に合った夏のリゾート感あふれるセットで、涼子ちゃんの赤の衣装も映えてましたね☆
とても素晴らしい歌披露でした(*uωu*)

この『スコール』、ダンスチューンで激しく踊るTPD本体とはまた全く違った楽曲で。

ダンスサミット初期に歌っていた『カメレオン・カフェ』が夜の雰囲気の楽曲で、セクシーなイメージも強い涼子ちゃん。
ですが『スコール』では一変。こういうさわやかな楽曲も合うんですよね!
そこが驚きですよね~。

夜の雰囲気のセクシー路線もいけるし、太陽の下のさわやかな路線もいけるって。
涼子ちゃんのすごさですね!
なんでもこなす涼子ちゃん。やはり女優で成功したのも頷けます☆

そんなTPDの楽曲の中でも異色な1曲となりましたね。
派手じゃないけど輝きを放つ1曲だな~と、今でも聴いていると感じます☆
ゆるぎない名曲です♪

言葉数が少な目なところが、優雅でのどかな雰囲気が出ていますよね~。
なんだろう、涼子ちゃんのエレガントさが感じ取れる楽曲に仕上がってるな、と思います!

ゴンチチ、良いですね~。
涼子ちゃん、この曲を書いてもらう前にゴンチチのライブに連れて行ってもらったりしたらしく、力入ってたんだな~、と思います!
本当にTPDは、一人一人アーティストだったんだなって。
「アーティスト集団」と言っていたのも納得できますね、7人ここまでそれぞれの色を出すことができていたことを考えると。

『スコール』を聴いて、やっぱり7人はすごかったんだという結論です(*’3゚b)b

関連記事:
星に願いを/篠原涼子 from 東京パフォーマンスドール
異国~TOKYO IN THE NIGHT/篠原涼子
Sincerely/篠原涼子 from 東京パフォーマンスドール

« 波乗りパイレーツ/ピンク・レディー | トップページ | 告白/北岡夢子 »

001:アイドルポップスレビュー♪」カテゴリの記事

006:東京パフォーマンスドール 大阪パフォーマンスドール」カテゴリの記事

コメント

今年こそこの曲が登場するような期待がありました(笑)
しかも記念すべき800曲目に!!
本当にありがとうございます\(^^)/
夏の友達さんのレビューが完璧なので、あたしの口出しする部分が全くございません(^w^)
本当に、楽曲もジャケットもカップリング(バード)も全てがクオリティ高過ぎて…派手さはなくとも永遠に記憶に残る名曲ですよね。
見返り美人画のようなジャケット、この時点で現在の女優としての地位が頷けます。
「夢の音楽舎」…運命だったなぁ…あの番組がなかったら、涼子ちゃんにもTPDにも興味持つことなかったでしょうに…
本当、運命を感じます。
夏の終わりにこの曲を聴いて夏の余韻を感じるのもいいですね!(b^ー°)

No.800おめでとうございます(^^)
「スコール」これいい歌ですよねぇ~。
このシングルが発売された頃はTPDでは篠原涼子推しでしたから、当然購入しましたよ。
TPD本隊も結構聴いてはいたんですが、あのグループってやたらユニットが多かったじゃないですか、そうなると数あるユニットの中でも涼子さんのユニット「原宿ジェンヌ」が1番好きでしたね。

これは私の個人的意見ですが、TPDは何と言うか確固とした”センター”がいなかったのでそんなに長くは続かなかったのかな?なんて思いますよ(逆にそれが個性と個性のぶつかり合いで好きな部分もありますが)。

一応TPDの最盛期のフロントメンで見てみると、木原はキャプテンって感じでセンターっぽくは無いですし、米光は副キャプテンって感じ。
篠原と川村はシンメで映える両極のツインタワーみたいですし、市井は唯我独尊って感じでAKBで言えば板野みたいにセンターではしっくりきません。
穴井も市井同様で好き勝手やってる天真爛漫さがいいわけでセンターとは言いにくいし・・。 そうなると残った八木田だけがセンター適性ありそうですが、消去法でいいってだけで「これだ!」ってものもないですし・・
まぁ、ヘンに固定センターつけないからこそTPDたる所以でもありますもんね、自分で投稿しててTPDとはあの体制が良かったのかも?って納得しちゃいましたw

>ラパスさん

コメントありがとうございます!
この曲待っていていただいてたんですね!
そうですよね、このブログ内でもラパスさんと『スコール』の話したくさんしたと思いますし、ラパスさんのブログでも。
いえいえ口出しする余地はたくさんあるかと^^;
と言いますか、『スコール』についていろいろ調べていたらラパスさんのブログが出てきて、そこから情報もらってたりもするんですよ実は。
勝手に参考にさせてもらいました~!ありがとうございます!
ゴンチチのライブをこの曲の製作前に観に行ったと言うところがそうです!

本当、ジャケットもカップリング曲もすべてクオリティ高いですよね!
いつ聴いても良い曲だなって思います!名曲です!
ほんと見返り美人ですね!この表現がぴったりです!ポスターとかあったんですかね。
このジャケットのポスターあるなら額に入れて部屋に飾りたいです!

「夢の音楽舎」の出演はラパスさんにも大きく影響を与えていたんですねぇ。
ソロでの出演は珍しかったですよね。
運命的ですね!
夏の終わりに『スコール』を聴いてみますね!
涼子ちゃんの歌声、ちょっぴり切なくなる要素があるから、夏の終わりに似合いそうですね!

>ホリ亜紀さん

コメントありがとうございます!
6年半で800曲目まで到達しました。これからもよろしくお願いします!
『スコール』、良いですよねぇ。
この頃、涼子ちゃん推しだったんですね!購入されましたか~!
TPDはユニットやソロと充実してましたよね。
原宿ジェンヌは人気高いですよね。メンバーの八木田麻衣ちゃんも大好きなユニットですしね。
ジェンヌはほんと楽曲が良かったですよね。どの曲も好きです!

TPD、センターっていうのは決まっていなかったですね。
7人それぞれがセンター的な感じで、それぞれ譲らない個性のぶつかり合いですね、まさに!
今のグループだとセンターをしっかり位置づける場合が多いですけど、なくても良いんじゃないかな、とも思います。
TPDはセンターというのがなくて良かったな、と。

7人のセンターを考えると、なかなか難しいですよね(笑
TPDはやっぱりみんな個性が強すぎてある意味全員センター級ですよね。
だから1人だけ選び辛いんだと思います!
7人みんな、自分に合った音楽があったので、一人に決めるとまたその人の色になりすぎてグループの必要性がなくなって来ちゃうのかも知れませんね。

最終的に川村知砂ちゃんがセンターになって活動はしていましたが、やはり踊れる人がセンターになるのは納得できました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336689/67050555

この記事へのトラックバック一覧です: スコール/篠原涼子 from 東京パフォーマンスドール:

« 波乗りパイレーツ/ピンク・レディー | トップページ | 告白/北岡夢子 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アイドルポップス関連