無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月25日 (火)

Bye Bye/藤田ニコル

◆レビューNo.806◆
Byebye

「Bye Bye」藤田ニコル
作詞:Shoko・藤田ニコル
作曲:doubleglass
編曲:doubleglass
(2016年8月3日発売)

藤田ニコルちゃんの1枚目のシングル曲です!

にこるんの歌手デビュー曲です♪

にこるん、うん、今までそんな興味なかったですよ☆
でも歌手デビューは密かに待ち望んでいまして~。

で、今回の歌手デビュー!
【スッキリ】で歌披露したのをチェックしたんですが、まあ、好きな路線でした(笑

にこるんも、アイドルだった訳ですね~♪
それで一気に興味を持ち始めましたね(∩❛ڡ❛∩)

にこるんの歌声、路線的には吉川ひなのちゃんですよね♪

楽曲もひなのちゃん路線ですよね、こりゃ。
♪うさぎすぎる私♪ですよ!
『ウサギちゃんSAY GOOD BYE/吉川ひなの』を思い出さずにはいれません。

そんな自分のツボをガッチリ抑えた作品になっておりました!

正直今回、にこるんのCDリリースイベント行っておきたかったんですけどね。
行けずで~。にこるんの歌が良かったことを直接伝えたかったですね。
そしていつかは歌う姿を生で見たい!

そう願っているので、2枚目3枚目と、そしてアルバムへとつなげていってほしいんです!!!
そしてコンサートも是非!!!

にこるんには歌の魅力を感じたのでね、この1曲で終わらないようにしていただきたいのです!

楽曲がなんだかレトロっぽさがあるところがいいんですよね。
にこるんのイメージからすると、もっとピコピコしててコミカルな音楽を想像しますが、あえての90年代チックな雰囲気が良くて☆
レトロ好きな自分としては、そこに心つかまれたと言う事でもありますが~。

ピコピコ感もありつつの、懐かしさも兼ね備えた楽曲、素晴らしいです!

CDジャケットも、昔のファミコンチックな雰囲気ですよね!
23
80s,90sって感じですかね。良いですね~。
にこるんのシューティングゲーム、アクションゲームなども連動して作ってほしかった位です!

PVはにこるんが自撮り棒で撮影しながら渋谷、原宿を闊歩すると言う。

ピンクの髪の毛でピンクのセーラー服で、カラフルなにこるんが際立ちますね☆

声もカラフル!
歌う人によってはちょっと暗めな曲にもなりそうですが、にこるんが歌うとカラフルポップになりますね☆
キャラクターそのものです!

アニメソングとかも歌ってほしいな~、とかいろいろ夢がふくらむ歌声♫꒰・◡・๑꒱

そして作詞はにこるん!
まあ共作ですが、にこるんがアイデアを出して、Shokoさんがそれを歌詞にしたって感じかな?

いろんな女の子にふらふらどっちつかずの彼に、Bye Byeと告げる失恋ソング♪
そんなことがあったんでしょうかね(笑
それをあっけらかんと歌いのけるにこるんが良いです☆

切ないけど楽しくなっちゃうにこるんワールド(´ゝ౪◔`)
にこるんビーーーーーーーム

あっ、PVでもにこるんビーム放っちゃってます☆

歌手としてのにこるん、これでBye Byeにならずに、歌手の道を極めてほしいですよねぇ。
ほんと、次の曲、待ってますから!!!

2016年10月16日 (日)

誰もICHIGOがわからない/ICHIGOちゃん

◆レビューNo.805◆
Ichigo

「誰もICHIGOがわからない」ICHIGOちゃん
作詞:森雪之丞
作曲:THE BADGE
編曲:水谷公生
(1985年12月21日発売)

ICHIGOちゃんの1枚目のシングル曲です!

1985年5月13日~1986年1月29日まで朝日放送で放送されていたバラエティ番組【YOUごはんまだ?】のアシスタントとして出演していた関西のアイドルグループ!

今回ICHIGOちゃんを取り上げたのは、テレビでICHIGOちゃんを見たからです☆
ICHIGOちゃん5号の西畑草子ちゃんが、ココリコと中学時代の同級生と言うことで、先日【あいつ今何してる?】に出演されました!!!

草子ちゃん、今でもほんとお綺麗で~。
今さらながら草子ちゃんのファンになりそうです(笑
ICHIGOちゃん時代の映像を見ても、自分は草子ちゃん推しになるかも(笑
PhotoPhoto_2
ポジション的には端の方にいるんですけどね、ピュアさがあって好きですね。

ご本人は中学を卒業してから誰にも言わなかった嫌な過去とおっしゃってましたが、こうやって出てきてくれたのはありがたいことですね!
今ではバリバリに仕事をされているみたいで。
独身を謳歌しているそうです♪

そんなICHIGOちゃんですが、時期的にもおニャン子クラブを意識して作られたようなアイドルでした。
番組放送も1カ月程度【YOUごはんまだ?】の方が遅くて微妙なタイミングですが。
しかも放送時間が夕方5時~と丸被りって言うチャレンジ精神旺盛な番組ですね(笑
大阪のおニャン子クラブと言えるグループですね!

大阪梅田の「アクティ大阪」で公開生放送をしていたそうで。
自分的には馴染がある場所だから今からでも見てみたいんですけどね、録画分があるならば。

当時のICHIGOちゃんの記憶はないんですよね。
自分関西人なので、番組観ててもおかしくないんですが、小学生の自分には、知らない世界のままでしたね。

レコードデビューメンバーは、9人です!

 森薫(ICHIGOちゃん2号)
 西畑草子(ICHIGOちゃん5号)
 三原喜美子(ICHIGOちゃん10号)
 高岡美和(ICHIGOちゃん12号)
 山口直子(ICHIGOちゃん13号)
 乾真理子(ICHIGOちゃん14号)
 岸田里佳(ICHIGOちゃん18号)
 斎藤博子(ICHIGOちゃん21号)
 宮住征子(ICHIGOちゃん24号)

選抜メンバー9名ってことみたいですね。
メンバーは他にもいるようですし。

Wikiには「ICHIGOちゃんメンバー(ICHIGOちゃん32号)であった南かおり」との記載があったので32号くらいまではいたのでしょうかね。
実際この記載は事実ではなかったようですけどね。
南かおりちゃんは関西に住んでいたので知ってますよ(笑
レポーターとかやられていました(今もやってるかな)よね!
まあICHIGOちゃんとは関係なかったとのことで。

楽曲の方は、これが良いんですよね!
キャッチーで素晴らしい☆
アレンジもノレますね、これ!
とても良い曲です♪

やはりおニャン子を漂わせるちょっとエッチな女子高生がテーマのようですが~。
時代なんですかね、こういうの。
アイドルらしいベールのある女の子より、リアルで素人っぽい子の方が親しみを感じる、みたいな。
こういうちょっとエッチな曲を、あっけらかんと元気に歌うところが良かったんでしょうね~。

苺は見た目はかわいいけど中身はすっぱいぞ!っていう女の子のギャップを歌った感じですよね。

過激さもありつつ、でもほんとは毎日鏡の前でキスの練習をするような、夢見る女の子の歌ですね☆
耳年増って感じでしょうか。
・・・「みみどしま」とか言っちゃうと、やはりおニャン子クラブ(笑

ICHIGOちゃんらしさが出ているのは、「漫才」というワードですよね!
関西色を少しでも出してくれるのは嬉しいです(◍ ´꒳` ◍)b

B面の『フレンズがいっぱい』も良くて。
こっちは夕暮れ時の青春の甘酸っぱさを感じられるミディアムバラードですね。
懐かしさを感じずにはいられません!

今回はココリコきっかけでICHIGOちゃんの良さを発掘できたので、テレビでICHIGOちゃんを観れるきっかけを作ってもらえて、ありがとうございました٩(。θ◡θ。)۶

メンバーの1人の岸田里佳ちゃん、facebookはコチラ↓
https://www.facebook.com/KishidaRikaJP/

2016年10月12日 (水)

TOO ADULT/渡辺美奈代

◆レビューNo.804◆
Tooadult

「TOO ADULT」渡辺美奈代
作詞:秋元康
作曲:後藤次利
編曲:後藤次利
(1987年1月15日発売)

渡辺美奈代ちゃんの3枚目のシングル曲です!

おニャン子クラブ・会員番号29番渡辺美奈代ちゃんです♪

美奈代ちゃん、今年デビュー30周年記念です☆
と言うことで、美奈代ちゃんのデビュー30周年コンサートに行ってきました~!

 渡辺美奈代デビュー30周年記念コンサート
 2016年9月25日(日)2回公演
 竹芝ニューピアホール
 ① 開場:13:30/開演14:00
 ② 開場:17:30/開演18:00

Photo

自分は夜の部のみの参加でした。
セットリストはコチラです↓

 01.太陽がやってきた
 02.抱いてあげる
 03.ちょっと Fallin' Love
 04.両手いっぱいのメモリー
 05.瞳に約束
 06.雪の帰り道
 07.TOO ADULT
 08.PINKのCHAO
 09.アマリリス
 10.割ってしまった卵(Short ver)
 11.避暑地の森の天使たち(Short ver)
 12.真っ赤なミニスカート(Short ver)
 13.愛するより 愛されたい(Short ver)
 14.Tururu(Short ver)
 15.カメオのコンパクト(Short ver)
 16.ラスト・ダンスはあなただけに(Short ver)
 17.靴をはいたサマー(Short ver)
 18.ガラスの一秒(Short ver)
 19.グッバイBOY(Short ver)
 20.リルケの栞
 21.ガールズ・オン・ザ・ルーフ
 22.恋愛紅一点
 23.キッスの蕾
 ≪アンコール≫
 24.瞳に約束
 25.TOO ADULT
 26.PINKのCHAO

まずコンサート会場に着いて物販に行ったら、美奈代ちゃんのお子さんの渡辺愛弥くんが接客してまして~。
愛弥くんのセールストークに乗せられ←
美奈代ちゃんのタオルとペンライトとサイン入りうちわを購入いたしました~☆
Photo_2

美奈代ちゃん、愛弥くんのストーカー的な感じになっているそうで、芸能ニュースや番組でのネタにもなってますよね(笑
ほんとかわいがってるんでしょうね~。
愛弥くんにしたら、迷惑ってことでしょうけど(((;◔ᴗ◔;)))

そして入場~。
今回は1列目を取ることができたので、間近で美奈代ちゃんのパフォーマンスを観ることができました!
とは言え、ランウェイのようなでっぱりのあるステージだったので、全体的に見えやすかったですよね。

『太陽がやってきた』でバリバリアイドル374登場!!!
ほんと今でも変わらずアイドルですよね~。

おニャン子クラブで歌っていた楽曲も歌ってくれて、感動的でした☆

ライブ中のMCでも嬉しい言葉がありまして。
生涯アイドル宣言」!!!

こうやってずっとアイドルでいれるアイドルもいるんですよね、いくつになっても。
今でも昔の曲を歌うとそのまんまですもん。

アイドルって、若いときだけではないんだと言うことを実感させられます。
アイドルは、一生アイドルです!いい意味で!

衣装もアイドルしてて、こういうステージを続けてくれるのはほんとに嬉しいものですね。
あの頃にタイムスリップしたようなね、懐かしさと楽しさがあります!

Photo_3Photo_4Photo_5
振り付けも真似しやすいものも多く、ノレました~☆

そんな中でもやはり『TOO ADULT』の振り付けが印象的ですね!

♪Bダ~ッシュ Bダ~ッシュ♪
”B”を描く振り付けが、美奈代ちゃんと一緒にやってて楽しい!幸せ(◍ ´꒳` ◍)b

アイドルのコンサートはこうでなくちゃね!って感じで楽しめました☆

今回『TOO ADULT』について調べてみると、注目すべき事項が!

 石野真子の「失恋記念日」の導入部の「♪ノンノンノノン」
 をパロったようなオマージュ要素満載の歌い出しを特徴とし

そうだったの?
まあ真子ちゃんの『失恋記念日』に紐付けるのは強引なように思いますが、そう思うとなんだか楽しみが増えますね。

子供と大人のはざまで揺れ動く乙女心を歌った曲ですね。
美奈代ちゃんのあどけなさと、ツインテールがこれまたかわいいんですよね。

当時の歌唱動画を見ると、ほんとまさに"Bダッシュ"って感じで、子供っぽさと大人っぽさを兼ね備えてるな~、と。

まさに美奈代ちゃんの歌うべき歌だったんでしょうね~。

歌詞もファンにとってはホッとする歌詞と言いますか(笑

アダルトしたくてアダルトできない・・・ですもんね。
アダルトできなくていいんだよ~、みたいな(笑
純粋さをアイドルに求めてしまうところがやはりあるので、躊躇してしまう乙女心がいじらしい訳で~。

そして「Bダッシュ」と聞くと【スーパーマリオブラザーズ】を思い出さずにはいられなかったりもします。
時期的にもマリオ流行ってた頃ですよね。
自分も当時やってましたし。
アレンジもピコピコしていてファミコン感出てるし、そういった時代が曲にも表れてるのかな、とも感じました!

それにしても今回コンサートを見て再認識できたのが、美奈代ちゃんの曲、良い曲多い!
かわいいアイドルアイドルした曲も良いし、ちょっと路線を変えてアーティストっぽい楽曲も良いし。
これだけの良い曲をたくさん持っているからこそ、今でもライブができるっていうのもあるでしょうね。

あとはやっぱり美奈代ちゃんのがんばりももちろんありますよね。
今でもかわいいアイドルでいられるのは、本人の努力もある訳ですし。

今のアイドルの子たちも、一生アイドルで突き進むのも1つの道だということを美奈代ちゃんを見て実感してほしいですね!
ほんと、アイドルはいくつになってもアイドル!
輝き続けるものですね☆

コンサート終演後に2階握手もしましたが、間近で見てもアイドルでした♪
美奈代ちゃん、ありがとう☆

Photo_6

PS:そういえば、コンサート中に会場のみんなと撮った写真、自分切れてて映ってない(((;◔ᴗ◔;)))

http://lineblog.me/watanabeminayo/archives/7591765.html

関連記事:
アンブレラ・エンジェル/高井麻巳子・白石麻子・渡辺美奈代・山本スーザン久美子(おニャン子クラブ)
瞳に約束/渡辺美奈代
異国のタンデム/渡辺美奈代
ちょっとFallin' Love/渡辺美奈代

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アイドルポップス関連